トップ

歯科のお話をしたい

歯科に関して知っていく

歯科で大きな役割を担う技工士

歯の治療において重要なのは、歯医者さんの腕だけではありません。歯医者さんの腕もさることながら、見えないところで重要な働きをしている歯科技工士の腕も大切になってきます。歯医者さんは虫歯の治療は行うことができますが、虫歯の治療したところへ被せる物に関しては、小さな詰め物から入れ歯まで、すべて歯科技工士の腕にかかっています。特に入れ歯などは、技術の差が出やすく、仕上がりにも大きな影響が出ることが少なくありません。そのため事前にインターネットなどの口コミ情報などを入手し、少しでも安心して治療を受けられる歯医者さんを探すようにすることが大切です。

入れ歯制作は医師と技工士の連携

歯科医院で入れ歯を作る時には、レントゲンやCTなどの検査結果をもとに医師がデザインや設計をします。そのデータを使って実際に加工をするのが技工士の仕事です。多くのケースでは技工所はクリニックとは別の所にあって、歯科医院からの外注で補てん物などが作られます。しかしクリニックによっては、院内に技工所を設けて専属の技工士が常勤しているケースもあります。院内に技工所があるメリットはたくさんあります。まず、発注から納品までの時間が短縮できるので治療がスピーディーです。また色調や形状などの微妙な調整が医師立ち合いのもとでできるため、より精密な仕上がりが期待できます。

↑PAGE TOP